マナー お中元 人気商品 通販

知らないと失礼 お中元マナー

お中元を贈る時期

 

お中元は、元々、お盆のお供えものを贈っていた風習に由来していて、“中元”は本来は旧暦の7月15日を指します。 以前は、東日本と西日本では、お中元を贈る時期が1ヶ月ずれていました。

 

 東日本 : 新暦で考え、7月初旬から7月15日まで。
 西日本 : 月遅れのお盆で考え、8月初旬から8月15日まで。

 

しかし現在では、いずれの地方も7月初めから中頃まで(土用の入り前まで)の間にお中元を贈るのが一般的になってきています。 この時期を逸した場合は「暑中御見舞」「残暑御見舞」などとして贈ります。立秋を過ぎたら「残暑御見舞」として贈ります。

 

 

お中元の相場

 

お祝いとは違い、先様に日ごろの感謝の気持ちを表すのがお中元ですので、どの相手にどれくらいというのは、おつきあいの度合いで決めることになります。

 

あまり高額なものを贈って相手に負担を感じさせないよう、一般的には3,000円〜5,000円程度が多いといわれています。

  • 特別にお世話になった方、取引先の会社 ・・・ 5,000〜15,000円程度
  • 上司、両親、仲人など ・・・ 5,000〜10,000円前後
  • 親戚、同僚、友人など ・・・ 3,000〜5,000円前後
  • お稽古ごとや塾の先生、主治医など ・・・ 3,000〜5,000円前後

 

贈る相手

 

お中元は、感謝の気持ちを伝えるものなので、贈りたいという気持ちが大切です。誰に贈らなくていけないという決まりは、とくにありません。両親、親戚など血縁のある方や、仲人、恩師、先輩、お得意様、上司、知人などお世話になった方に贈る場合が多いと思います。

 

会社関係、学校関係の場合は、ルールや慣習がある場合が多いので、注意しましょう。その他、主治医や子どもの塾の先生、お稽古ごとの先生に贈るケースも多いです。

 

なお最近のお中元は、離れて暮らす親戚・両親や友人など、本当に親しい間柄の人へサマーギフトとして贈る人が増えています。

  • お中元を贈る相手アンケート調査結果(複数回答)

    親戚:54.3%、両親・義両親:41.0%、友人・知人:29.2%、会社関係:21.7%、恩師:13.9%、その他:10.3%
      出典:朝日新聞(2015年 6月21日)

 

贈ってはいけないもの

 

時計や筆記用具、鞄などは「勤勉奨励」、靴や靴下、スリッパなどの履物は「踏みつける」という意味合いがあるため、目上の方に贈ることは失礼になります。
また、毎年贈っている相手の場合、前年のお中元から極端に金額が落ちる品は避けます。

 

 

喪中のとき

 

お中元は、お祝いの贈り物とは違い、日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝えるものですので、原則は、贈る側、贈られる側のどちらが喪中でも差し障りはないとされています。
ただし、次のような気配りをしてもよいでしょう。

  • 時期をずらして“暑中御見舞”、“残暑御見舞”として贈る
  • 紅白の水引を控えて、上書きに文字を書かない無地のしで贈る

 

お中元の贈り方(持参する場合)

 

本来は、事前に都合をうかがった上で、テレビCMなどでもあるように、先様宅に持参するのが正式です。

 

持参する場合には、正式には風呂敷でお中元の品を包んで行きますが、紙袋でも構いません。ただし渡す際には、必ず風呂敷や紙袋から取り出して渡さないと失礼にあたります。

 

なお取り出したら、いったん品物の正面を、自分に向けて置きます。これは、贈る品物に粗相が無いことを確認する意味合いがあります。問題が無ければ、時計回りに90度、さらに90度回して相手に正面を向けて差し出します。

 

持参する際に使った風呂敷や紙袋は、畳んで持ち帰るのが基本です。

 

 

お中元の贈り方(配送する場合)

 

最近は、持参するよりも、通販サイトやデパートからの配送するのが一般的です。この場合は、品物が先方宅に届く頃を見計らって、日頃のお礼や近況をしたためた葉書、または手紙の挨拶状を出します。通常は葉書で十分です。
なお、先様が長く家を空けるケースも考えられますので、とくに生鮮食品などを贈る場合は、事前に在宅状況を確認しておきます。

 

各百貨店のお中元コーナーはこちらから行けます(公式HP)

↓  ↓  ↓  ↓

三越・伊勢丹オンラインストア

三越・伊勢丹オンラインストア


お中元人気商品ランキング